5月9日定期練習(+今週の青島マラソン。。。)

さて労働節連休明けの土曜日5月8日は出勤日の為、練習はありませんでしたので、今回は5月9日の練習の模様です。この日は暑い中、少人数での練習となりました。

f:id:gacho_shanghai:20210509171924j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210509171958j:plain

先週のG1のイメージでの練習です。

f:id:gacho_shanghai:20210509172043j:plain

「あ”ー」by@梅本さん、「ホイ次はアタシが!!」 by@宮爺 ナイス連携プレーです。

f:id:gacho_shanghai:20210509172227j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210509172254j:plain

会長、お疲れ様です!!

f:id:gacho_shanghai:20210509172323j:plain

そして爽やかなおじさん達の記念写真。

おや、練習風景に「がちょう次長チーム」の西嶋キャプテンの姿が見えないぞ?

と思った貴方、朗報が届きましたよ。

f:id:gacho_shanghai:20210509172531j:plain

西嶋キャプテンは、ウエスゴルフクラブの月例杯で優勝でにっこり♡

流石キャプテン、テニスだけでなくゴルフも絶好調です!

 

【今週の青島マラソン。。。。】

前回の塩城マラソンのレポートからわずか3週間、写写丸が勝手にマラソン大会のレポートを行うこのコーナーがまたまたやってきました。第四回目の今回は5月4日(火)に山東省青島で開催された青島マラソンです。写写丸、4月18日に塩城マラソンを走った後、わずか2週間後にフルマラソンに出場、は初めての事でした。。。になるはずでした。。。
ところが、、塩城マラソンを走った後、水曜日から軽く走り始めたのですが、木曜日にプチッとふくらはぎの肉離れをやってしまい、その後は走るどころか歩くのもままならない状態となってしまいました。今回、大会にエントリー済であった青島に来て、レース前日にゼッケンは受取りましたが当日は走りませんでした。。。という事で、今回は走ってはいません(涙)。が青島マラソンと、青島について(今回はこちらが中心)レポートします。

f:id:gacho_shanghai:20210506183636j:plain

青島市は黄海に面した山東半島の南に位置する人口770万人の山東省の都市です。ところで青島市の名前は有名なのですが、省都は済南市(人口610万人)で、人口が一番多い都市は1,000万人を擁する内陸の臨沂市で青島は第三位だと今回初めて知りました。各地のマラソンに出ると勉強になります。

さて青島市は歴史的には道教の聖地であり、秦の始皇帝が三回も青島(にある道教の聖山である崂山)に来ている事、1897年から日清戦争後のドイツの管理下に入った事からドイツ風の街並みがある事などが有名です。

f:id:gacho_shanghai:20210506183825j:plain

新市街は整然、旧市街はドイツ的な街並みで、海岸の反対側には山が迫り、神戸のような雰囲気の綺麗な街です。この辺りは新市街です。

さて青島マラソンですが、フル、ハーフ、ファミリーマラソンなど含め合計25,000人が参加する大規模な大会です。写写丸は上海のマラソン仲間と総勢8名で繰り出しました。

 

f:id:gacho_shanghai:20210506183936j:plain

  翌日のスタートの模様。小雨が降りましたが却って気温が低くなり、コンディションは申し分ありませんでした。

 

f:id:gacho_shanghai:20210506184008j:plain

レース前日の食事は、青島名物海鮮水餃子の有名店「開海紅島」で。美味しかった!

f:id:gacho_shanghai:20210506184120j:plain

「開海紅島」のメニューです。他のお店でもこのように書かれています。

青島と言えばもちろん青島ビールですが、青島では「一厂」「二厂」と製造する工場名で注文するのですよ!因みに「一厂」が1903ブランド、「二厂」が経典ブランドの事らしいです。

さて翌日はレースの日、走れない写写丸は、青島の観光名所である崂山を攻略する事にしました。今回この山の事を初めて知りましたが、ここは上記の通り道教の聖地です。

道教」は日本では一般的に知られていないのですが、中国の多神教的宗教で、日本でいう神道なのかな、と勝手に理解しています(神道八百万の神様ですから)。中国でお寺に行って仏様や観音様では無く、髭の人が祭られていたらそれは道教のお寺(違うのかな??)、日本で言えばお寺と神社の違いなのかな、と思っています。
昭和世代にはキョンシーを日本に紹介した映画「霊幻道士」に出て来る道士様が道教の人ですよ、と言えば納得されるでしょう。

f:id:gacho_shanghai:20210506184411j:plain

1986年公開の台湾映画「霊幻道士」。当時大人気となり続編、亜流作品も多数。

f:id:gacho_shanghai:20210506184447j:plain

亜流の一本「幽幻道士」で大人気だったテンテンちゃん、今は何と松竹芸能所属。日本語検定1級との事。

f:id:gacho_shanghai:20210506184558j:plain

ここが崂山参道入口。崂山は標高1,132mの中国の海岸線にある山で最も高い山です。

f:id:gacho_shanghai:20210506184633j:plain

崂山参拝のメインとなる建物が良く判らないのですが、ここの様です。小さな祠があちこちに多数あります。

 

f:id:gacho_shanghai:20210506184700j:plain

さて道教のお寺ではこのような髭の道士様?の像が祭られるのが一般的なのですが、

f:id:gacho_shanghai:20210507141604j:plain

原始人(にしか見えない服装の神様?)が祭られていたり、やはり道教が正直良く判りませんでした。。。

 

f:id:gacho_shanghai:20210506184839j:plain

中国の方も道教には詳しく無いのかもしれません。

f:id:gacho_shanghai:20210506184911j:plain

そうそう、もちろん道士様もおられましたよ。

 

f:id:gacho_shanghai:20210506184947j:plain

そして青島観光で外せない青島ビール工場見学!(写真は前回訪問時のものです)

歴史に疎い私は、ドイツによる租借後、日本が青島を租借していた事を知りませんでした。青島ビールも1914-1945年は日本企業(大日本麦酒;当時の日本のシェア70%のビール会社で戦後財閥解体でアサヒやキリンになったとの事)の傘下になっていたと知りました。歴代工場長の写真には日本人も並んでいて、ふむふむ勉強になります。

f:id:gacho_shanghai:20210506185034j:plain

そしてお待ちかねの試飲ですが、それぞれ200mℓぐらいあるのでかなりの量です。1時間飲み放題コースもありますよ♡

f:id:gacho_shanghai:20210506185118j:plain

レース終了後、青島で走られている日本人ランナーの皆さんの打ち上げに合流しました。走りたかったナ。

f:id:gacho_shanghai:20210506185307j:plain

旧市街もぶらりと。ドイツ時代の教会の前は結婚前の写真撮影カップルでいっぱいです。他にも街中で結婚前写真撮影カップルが溢れていました。

f:id:gacho_shanghai:20210506185355j:plain

青島を離れる日。走ってはいませんが、レース翌日のゴールゲートで記念撮影。

 青島は本当に綺麗な街です。皆さん機会があれば是非行ってみて下さい!!

(ここだけの話;マラソンコースは結構坂道が多く泣けるらしい♡です。)

 

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内の コートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。
関心のある方はご見学されては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp