7月3日、4日通常練習(+今週の東京オリンピック直前連動企画。。。)

「雨が降ってもサンサンサン~♪ チックショー天気が憎い!!」写写丸です。今回、下品なひとことからスタートしてしまいスミマセン。梅雨だから仕方ありませんよね。

でもがちょうの面々は今週も梅雨に負けてはいませんよ!

ということで7月3日の模様から。

f:id:gacho_shanghai:20210704225309j:plain

雨上がりのスタートでしたのでコート整備から。

f:id:gacho_shanghai:20210704225431j:plain

そしてボレーの練習からスタートです。

f:id:gacho_shanghai:20210704225529j:plain

そしてストローク練習に移行。

f:id:gacho_shanghai:20210704225558j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210704225615j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210704225637j:plain

梅本さん、お大事に。。

f:id:gacho_shanghai:20210704225714j:plain

あれ、いつものがちょうの打ち上げとは違うハイソ(古い。。)な雰囲気。

f:id:gacho_shanghai:20210704225812j:plain

深野さん、パエリアに小粋にレモンを絞ったりして。

f:id:gacho_shanghai:20210704225843j:plain

でも大丈夫です!!すぐにサーブ理論を身振り手振りで語り始める深野さんなのでした。

f:id:gacho_shanghai:20210704225946j:plain

ちょっとおしゃれな昼間のひとときでした。がちょうの新機軸です。

そして7月4日の模様です。

f:id:gacho_shanghai:20210704230126j:plain

ホームコートのレンハン小区に夏がやって来ましたよ。

f:id:gacho_shanghai:20210704230233j:plain

が、今日もまずはコート整備からでした。

f:id:gacho_shanghai:20210704230501j:plain

そして今日もボレー練習から。

f:id:gacho_shanghai:20210704230554j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210704231551j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210704231655j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210704231802j:plain

スマッシュで仕上げて。

f:id:gacho_shanghai:20210704230659j:plain

そしてサーブ練習へ。

f:id:gacho_shanghai:20210704230735j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210704231932j:plain

コートが乾いたところで本格的に練習開始。

f:id:gacho_shanghai:20210704232030j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210704232059j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210704232147j:plain

本日好調の北村さん。スムーズに振れています。

f:id:gacho_shanghai:20210704232318j:plain

余裕の笑顔で球を処理する日比野さんこと宗方コーチ。

f:id:gacho_shanghai:20210704232435j:plain

熱い指導も笑顔です♡ 褒めて伸ばします。

f:id:gacho_shanghai:20210704232611j:plain

お蝶婦人の本名は竜崎麗香というのです。

f:id:gacho_shanghai:20210704232738j:plain

f:id:gacho_shanghai:20210704232807j:plain

最後の一枚の高松さんの笑顔で行間を読んで下さい。

f:id:gacho_shanghai:20210704232901j:plain

一枚目、佑輝君の軽いスプリットステップが流石です。

f:id:gacho_shanghai:20210704233022j:plain

そして練習は終了へ。

ここで、がちょうの皆さんがずっと感じていた小さな疑問が本日解決した事を報告します。

f:id:gacho_shanghai:20210704233848j:plain

それは打ち上げに最も頻繁に登場するレンハン小区内にある中華料理屋さん(通称「レンハン中華」)の店名が「沁悦小厨(qinyuexiaochu)」と判った事です。喜びが染み出るレストラン、とでもいう意味なのでしょう。ただ、英語名がSuper Trio Eateryと何だか良く判らず、又謎が残るのでした。そもそも店内で欧米人を見かけた事がありませんが(絶対英語も通じないと思います。)どうして英語の店名が?。。。ところで今日店を出る際、店長と店員さん達数名で、店の一番真ん中のテーブルでおもいっきり賭けトランプをやっていました(ФωФ)フフフ・・・。

【今週の東京オリンピック直前連動企画】

何とか開催される運びとなった東京オリンピックに無理やり連動する、今回の写写丸のひとことコーナーなのですが、「連動種目」が何か?と言えば、テニスは勿論、写写丸得意のマラソンも皆さんよくご存じの種目ですから違いますヨ。

という事で、今回まだ歴史の浅いスポーツであるトライアスロンをご紹介します。何故トライアスロンなのかと申しますと、実は写写丸、上海赴任のはるか以前、1995年頃の数年間、トライアスロンをすこしかじった事があったのです(遠い目。。)。そして先日二十数年振りに上海で大会に参加した事、オリンピック種目でありテレビで観戦される機会があるかと思い、この強引な連動企画を思いついたという次第なのです。

f:id:gacho_shanghai:20210708142031j:plain

東京オリンピックへ出場する日本選手団。頑張って下さい!

さてトライアスロンは1970年代にアメリカで始まった、水泳・自転車・長距離走の3種目をこの順番で連続して行う競技です。(よく種目の順番を聞かれるのですが、体力を消耗すると危険な種目を先に済ませようという事なのだと理解しています。)

また、これもよく聞かれるそれぞれの種目の距離ですが、実はいろいろあって

1.スタンダード・ディスタンス(オリンピック・ディスタンス)

  スイム1.5km・バイク40km・ラン10kmの合計51.5km

2.ロング・ディスタンス(アイアンマンの例)

  スイム3.8km・バイク180km・ラン42.195kmの合計約226km

が代表的なのですが、マラソンの様に決まっておらず大会によって自由に決めています。

また、距離や環境が影響する為、大会記録はあっても世界記録(マラソンなら現在の世界記録は2時間1分39秒)という表現もありません(と思います)。

f:id:gacho_shanghai:20210707141117j:plain

1978年から開催されている、世界で一番有名な大会「アイアンマン・ハワイ」。世界中で開催される予選大会で優秀な成績を上げないと参加出来ない憧れの大会です。このロングの大会が群を抜いて有名な事から、「トライアスロンは過酷な競技」とのイメージが定着しました。

トライアスロン」と言えば、競技時間が10時間を超える後者;ロング・ディスタンス(≒アイアンマン)のイメージが強いのですが、実際には前者;スタンダード・ディスタンスが主流です。また、この距離であればエリート選手なら2時間弱、アマチュアでも3時間前後で完走できるので、アマチュアが4時間を切るのが目標となるフルマラソンより負荷の少ない競技と言えるかもしれません(いろいろな筋肉に負担が分散するので短時間で終わるのかもしれませんが)。ので、実は敷居はそれほど高くないのです。

 

f:id:gacho_shanghai:20210708141415j:plain

モデルの道端カレンは各地の大会で優勝する実力者。近藤真彦堀江貴文など多くの有名人も参加しています。

写写丸がかじっていた1990年代は日本のトライアスロンの黎明期で、町おこしの為に各地で大会が始まりました。水泳の場所(海や湖)、自転車、ランニングの為の道路の占有という立地の難易度から都会での開催が難しく、地方での開催に適している為です。特に10時間も道路を占有する必要から、ロング・ディスタンスの大会の開催は難しく、日本では現在4大会しか開催されていません(ので申し込んでも当選するのが難しいとの事です)。

トライアスロンは2000年のシドニー大会からオリンピックの正式種目となりましたが、その際にコースの確保やテレビの中継時間の関係で51.5kmという距離が決まり、その後名称を含めこの距離が世界的に一般化しました。

さて、先日写写丸が出場した大会はオリンピックと同様、スタンダード・ディスタンスであった事から、当日の写真を交え各種目の模様を(アマチュアとエリートの違いも交え)紹介します。

先ずは1.5kmの水泳から。

f:id:gacho_shanghai:20210707142218j:plain

のんびりとスタートする写写丸ですが、コロナの影響もあって、数人毎にスタートするウェーブスタート方式の為です。タイムは足首に取り付けたセンサーで記録されます。

f:id:gacho_shanghai:20210707142418j:plain

オリンピックなど、エリートクラスはこの様に一斉にスタートします。

トライアスロンの水泳と言えば、ウェットスーツのイメージがあると思いますが、当日の水温により着用の許可が出されます。ウェットスーツは保温力だけでなく、浮力もある為、着用したほうが早く泳げるのです(そして着用していると沈まないのでとても安全なのです)。

そして次は40kmの自転車です。

f:id:gacho_shanghai:20210707142855j:plain

写写丸の雄姿。。。というか見た人からサイクリングですか?と聞かれる牧歌的な姿です。。

f:id:gacho_shanghai:20210707142956j:plain

一緒に大会に参加した仲間の写真。これが普通です。尚、ハンドルの真ん中に取り付けているのはDHバーと呼ぶ、空気抵抗を下げる為の用具です。

f:id:gacho_shanghai:20210707143228j:plain

エリートの様子。アマチュアは集団走行が禁止されていますが、エリートは集団走行で風の抵抗を下げて走ります。この為DHバーは小型しか許可されません。

トライアスロンだけでなく、自転車競技では風の抵抗を避ける為にグループでの走行を行うのですが、走行中どれぐらいの風の抵抗があるのかご存知でしょうか?走行中の自動車の窓から手を出すと感じる風の抵抗が、速度が増すにつれて増す事は感じられていると思います。自転車の主な走行抵抗にタイヤの摩擦抵抗があるのですが、速度を増すにつれて風の抵抗が増し、時速16kmで風の抵抗が追いつき、時速30kmで全抵抗の82%が風の抵抗になるのです(風の抵抗は速度の2乗に比例して増加します)。従って自転車の速度を上げる、あるいは高速を持続して走るには風の抵抗を下げる事が最も重要になるのです。時速40kmで走行する際(エリートはもっと速い)、直前を走る選手から30㎝の距離で走ると、何と約2/3のパワーで走る事が出来る事から、エリート選手は先頭を交代しながら集団で走る事によりグループの速度を上げようとするのです(尚、ルールはありませんが、グループを形成した際、トップを走らないのはマナー違反です)。40kmを走行した際、すね毛を剃ると平均70秒のタイム短縮になるという自転車メーカーの実験結果もあるほど、空気抵抗の減少は自転車競技に重要なのです。

そして最終種目の10kmのランニング。

ランニングについては特に説明は必要無いと思いますが、エリート選手ではランニングは30分程度で終了しますので、1時間強を要する自転車競技でタイム差をつける事がレースのポイントと言えます(水泳は20分程度)。

そして感動のゴールイン。

f:id:gacho_shanghai:20210707145805j:plain

エリート大会は違いますが、アマチュア大会では全員がゴールの際、フィニッシュテープを切らせてもらえます。嬉しい瞬間です。

f:id:gacho_shanghai:20210707145954j:plain

ラソン大会では普通許されない家族でゴール、もトライアスロンでは可能です。この写真を一生の記念にする、と言われていました(羨ましい。。)。

トライアスロンはルールや機材(主に自転車)がどんどん変わる若い競技である事、アメリカ生まれだけあってその緩さも魅力なのです。

f:id:gacho_shanghai:20210707150409j:plain

やってみたら以外と出来るスポーツです。あなたもチャレンジしてみませんか?

実は今週7月4日に常熟で大会があり、その出場後にこのブログをアップするつもりだったのですが、荒天の天気予報の為、9月に延期されたのです。前回はホントに久し振りの大会出場で準備・練習不足だったので、その後練習を重ねた成果(?)もこのブログに載せようと、捕らぬ狸の皮算用を考えていた写写丸なのでした。。チックショー。

【おまけ情報】

6月6日のブログの映画続編特集で紹介した「サスペリア」(第一作、1977年)が、

スターチャンネル2の7月1日(木)19:10~に放映されましたよ。引き続き9,17,25日にも放映されます。今回改めて見ましたが原色の光と音の洪水にまたまたしびれてしまいました。1時間半くらいの短い映画ですので是非ご覧ください。

【注意!】同時期に同名タイトルの映画(2018年)も放映されますが、これはイメージが全く違うリメーク作品ですので、1977年製作の方を観て下さい。

www.youtube.com

f:id:gacho_shanghai:20210707182403j:plain

ドイツの全寮制バレエ学校に転校してきた少女を襲う恐怖!

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内の コートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。
関心のある方はご見学されては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp