上海 がちょうテニスサークルの日記

上海の日本人テニスサークルの活動と、上海での日常生活をお伝えするブログです。

上海ロックダウン パート8

心に棚を作れ!!」ロックダウンも8週間目に突入。家から出る事も出来ず、流石にずっとこんな生活を続けて良いのかな、とふと心によぎる不安感(?)。そんな時に写写丸が思い出したのが冒頭のパワーワードです。説明が難しいのでハイ以下参照。

鬼才漫画家、島本和彦の傑作「炎の転校生」に登場した名セリフです。

平たく言うとこれです。こちらは「逆境ナイン」より。思い起こせば島本和彦はずっと同じ事を言っていたような気がするなあ。

こういう時こそ、この大らかな気持ち(?)が必要なのでは無いでしょうか?と言う事で今週もがちょうブログのスタートです。

そうそう、小区に住み着いている猫ちゃん。最近皆が世話をするので慣れてきて遂に建物の中に入って来ましたよ🐈☻

それでは早速がちょう情報から。

まずは新作が待たれるこの方。

では無く、アルムおんじ、でも無く西嶋さんです。ご自慢の髭はどうもこれ以上は伸びないとの事。。

小区内で「の」の字をひたすら描く髭の無い牧野さん。頑張ってます。

レンハンでは時松さん、ジミーがボレーボレー時々ビール&アイス(と柴)を継続中。

お隣のレンハン組に引き続き、深野会長と写写丸も小区内でのボレーボレーを開始。

5月22日(日)には外出許可時間を合わせて、時松さん、ジミーを含む近隣テニス同好者と久し振りに屋外でのんびり。

写写丸のボールリフトチャレンジは先週の11回から12回に一歩記録更新。かつて世界を魅了した棒高跳びの世界チャンピョン、S.ブブカ選手を思い起こさせる状況に。S.ブブカ選手は1985年から9年間に渡り、自己の持つ世界記録を大会ごとにほぼ1cmづつ、35回更新したウクライナの鉄人です。

そうそう大藤さんのグルメ自慢も。なんとキャビアまで!!

【やっぱり・・・】

先週のブログで、小区内に駐車してある自動車のバッテリーの放電が心配と書きましたが。。

大丈夫かな?

エンジンは無事に始動しました~。今後続々と同じような車が出てくるんだろうなあ。

【ようやく外出許可が出ました】

写写丸の小区では回数や時間、移動範囲などの制限はあるものの、5月19日にようやく外出許可が出たのです。突然許可取り消しになるかもしれないので早速外出してみました。

最寄りの小型スーパー「清美」です。入店の為の4~50分待ちの行列が出来ていました。

こちらはファミリーマートの入店待ちの行列。写写丸も並んでみましたが入店まで30分掛かりました。

店内の様子。いつもとは品ぞろえが全く違います。わざわざ来る事も無いかな、と思いました。。

その後は蘇州河沿いランニングコースを回ってみましたが、外出を心待ちにしていた人たちを大勢見かけました。皆このまま日常が戻る事を願っていますね。

ロックダウン前とは変わった光景も。鉄棒の向こうに見えるのは新設されたPCR検査場。

ロックダウン直前に閉鎖されたコースもこのような状態に。(二日後にはしっかり再度閉鎖されていました。。。)

枯れてしまった植栽もありましたが

咲き誇る野草の花も。思わず摘む人も見かけましたよ。

いつもランニングコースや公園の草刈り等、整備を担当している金鹿建設の人を見かけました。今日はちょっと草刈りをしたものの、野草の勢いに打ち負かされた感じです。

はてさて熱心に川を覗き込むこのおじさん達は。。?

【散髪事情】

外出許可が出始めた事から、散髪の環境もちょっと改善してきました。

それまではこんな写真がよくアップされていましたが。

外出許可に合わせて写写丸の小区の門の外では街角美容室が開店。おひとり様特価78元でございます。

時松さんとジミーは行きつけの床屋で切ってもらった(時松さんはさらに髪染めまで)と!

写写丸は腕前を上げた深野美容室で再度チョキチョキとやってもらいましたよ💛

【花のある幸せ】

蘇州河沿いで野草を摘んでいる人がいましたが

小区内で見かけたこのおばさんの手提げ袋から見える花は蘇州河沿いの花そのものです(*^_^*)

そう言えば配給されたアブラナから花が。

テーブルに飾りました。「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン♬」。何故か笑顔が出てきます。

【今週のやってみた】

まずは先週の記事を見てリンゴジャムを作ってみた、という高松さんのお便りから。

砂糖は無かったものの美味しく出来たそうです🍎良かったですね💛

さて今週はこれ、配給された冷凍の「黒魚」です。

「黒魚」とは雷魚の事で、写写丸が小学生の頃のルアーフィッシングの対象は雷魚ナマズニジマスでした。ブラックバスがまだいなかった時代。。(この写真はネットで探したものです💦)

パッケージを開けるとこんな様子。骨も取り除かれた切り身なのでそのまま使えます。

同時に配給された海底捞の鍋スープで頂く事に。配給品のズッキーニやエリンギも投入しました。

見た目はイマイチですが、雷魚は蛋白な味で美味しく頂けましたよ。

いよいよ来週は、上海市が発表した都市復興予定日(の開始日)である6月1日がやって来ます。さてどうなるのでしょうか。楽しみに迎えたいと思います。

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内の コートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。 
ご関心のある方はご見学に来られては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp