上海 がちょうテニスサークルの日記

上海の日本人テニスサークルの活動と、上海での日常生活をお伝えするブログです。

2月4、5日定期練習【+今週のびゃんびゃん麺】

さて今週はてんこ盛りの内容ですよ~。って、てんこ盛りの「てんこ」とは一体何なんだろう。。早速Wiki先生に聞いたところ、元々は漢字で「天骨(てんこつ)」と書く言葉が略された、北陸~関西、中国、四国地方に伝わる山頂や空の上の方を意味する方言方言から来ていて、そこからて「天骨盛り(てんこ盛り)」とは「山の頂点のようにうず高く盛り付けられている」様子を意味するようになった、との事でした。写写丸は関西出身ですが聞いた事が無かったなぁ。。。

ではまず、上海日本人テニス界の上位リーグ戦である「GRID1」の予選でがちょうチームが快勝した嬉しいニュースです。GRID戦と予選についてはこちら↓をご覧ください。

1月7日;GRID1予選、定期練習&新年会、1月8日定期練習 - 上海 がちょうテニスサークルの日記

いい笑顔です。

こちらも。

皆の笑顔の秘密を貴方だけに教えましょう。。。GRIDシリーズの最高峰であるGRID1には32チームが参戦するのですが、2月4日の最終予選に快勝し、本戦でのベスト8が確定したのです!!これは快挙ですよ。本戦が本当に楽しみになりました!!

お次はカレー🍛なる畑中君が日中友好テニス大会に参戦、準優勝したというこれまた嬉しいニュースです。

あれ、畑中君はどこに。。。あれれ、ドロー表には「はたなか」ならぬ「たなか」との記載が。。。トホホ。

僕です、畑中です!!カレーもよろしくです🍛

嬉しいトロフィーです。

そしてお次は2月5日(土)の定期練習の模様です。

今日の指導係は宮爺。

球は我々が出します!

足立君。

石畑さん。片足が上がるのは好調のしるし(^^♪

松井さん。

コータ君。

しばらく体調不良だった久野さん。元気よく復帰されました!!

高松さん

寺澤さん。

野田さん

畑とも君。

宮爺。

またまた新ルーキーいらっしゃいませ💓キガサワさん。

金さんと野郎ども。

原田さん。。この後は。

よし!

すれ違うふたり。

出会いと別れ。それが人生。

。。なんですかねえ、ご同輩。

もちろん試合形式もやりました。

終わり―。

今日は大勢で楽しかったですね💛

そして打ち上げ開始。

おじさんですから。。

楽しー。それで良いではないですか!!ではまた明日☺

そして2月6日(日)の練習です。はい日曜日なのでコーチによるレッスン日です。

コーチによるいろいろなパターンの練習を行いました。

日野さんへのレッスン。効果あり!

牧野さん

高松さん

伊波さん

いつも全力!五十嵐さん

ちょっと調子が良かった(あくまでも個人の感想です。)写写丸

ボレスト練習。

試合形式に移行。牧野さんのトリッキーなプレー💓

はいではまた来週。

【今週のびゃんびゃん麺】

2021年の国慶節、がちょう有志+フレンズで敢行したシルクロード旅行🐪。その後帰国された、フレンズの主要メンバーであるATFの山田さんからレポートが届きました。

さてそのレポートはと言えば、日本では「びゃんびゃん麺」の冷凍食品が売られている!という内容でした。

この写真の看板にありますが、「びゃん」という文字は57画と、最も画数が多い中国の文字として知られていますね。
2021新年おめでとうごさいます。テニスをしたり旅行に行ったり。 - 上海 がちょうテニスサークルの日記 (hatenablog.com)

これがそのパッケージ。

勿論実食レポートも。「なかなかはおちー」だとの事でした。

それにしてもびゃんびゃん麺とは、日清食品は攻めてますねー。しかも250円(10元ちょっと)。日本は食べ物は本当に安いですね!!

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内のコートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。ご関心のある方はご見学に来られては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp

1月26、27日定期練習【+今週の、ぼくもおじさん】

春節の連休も終盤に入りました。週末の土日である1月28、29日は出勤日なので定期練習はお休みでしたが、その前の1月26、27日はもちろんガッツリと定期練習を行いましたよ。

まずは1月26日(木)の様子です。

この日は良い天気で、気分も晴れやかに練習が出来ました。

まずは今日の練習リーダーの時松さんから。

G1戦に燃える大藤さん

いつも飄々とプレー、ダンディな牧野さん

ジャンププレーが多いね、コータ君

こちらも派手なプレーが魅力のジミー

どうにもこうにも写写丸

力いっぱいの日野さん

おっと石畑さんもいつも力いっぱいです。

大復活を遂げた梅本さん。がくりとしても目ヂカラは緩みません。

そして軽快な宮爺。ですが、

何故か急に目ヂカラがオフになったペアの梅本さんに調子が狂った様子。。

ルーキー五十嵐さんのサーブ。

そして「今日の奇跡の一枚」は五十嵐さんのボレーでした~(^^♪。

ではまた明日~💓

そして1月27日(金)の練習の様子です。

今回は日本で定年後、ラケットひとつを持ってアメリカ、そして中国へ来られた凄い人、高木コーチ(左端)をゲストにお迎えしました。

そのサーブ。間もなく上海から紹興のテニスセンターへ移られるのだそうです。引き続き頑張って下さい!!

時松さんも力が入ります。

今回は試合中心の練習でした。

五十嵐さんのサーブ。

良い感触だったのでしょう。この笑顔です。

足立君のサーブも冴えてきました。

続いて畑とも君のサーブ。

原田さんも。

サーブスペシャルの最後は、この日もう一人のゲストのe-club中村さん。

取ってやるぞ、と構える日野さん。ちょっと内股が素敵です。

軽く打ち返したコータ君。

守備に急ぎます!

サウスポー岸本さんに

石畑さん。「やったるでー」の表情(笑)

ボールをクリアした直後の伊波さん。サングラスペア👓

楽しい練習もそろそろ終わりです。

はい、これにて練習は終了!!

そして場所を移して一枚パチリ📷

その最後方には燃え尽きた時松さんのおぼろげな姿が。。。

そんながちょうはあなたをお待ちしております💘

【+今週の、ぼくもおじさん】

がちょうメンバーの年齢層はかなり幅広いのですが、年配(とは言いたくないな…、いいオヤジ層とでも呼びましょうか。)のメンバーもちょっと、いやもう少しいます。わたくし写写丸もオヤジ層のひとりなのですが、オヤジ層の多いがちょうの中、だけでなく上海の駐在者の中で、すっかり年齢の事は忘れていました。

で、この年末年始に久し振りに一時帰国して大阪の繁華街「梅田」を歩いてみると。。。俺ってすっかりおじさんじゃん、、と愕然としたのです。。

「おじさん」と言えばすぐに写写丸の頭に浮かぶのがこの映画『ぼくの伯父さん』(1958年のフランスのコメディ映画)。中学生の時、偶然にテレビで観て大ファンになりました。主人公であるユーロおじさんを演じる、監督・脚本も手掛ける天才ジャック・タチの一切喋らないのにおかしな演技が最高です。何とアカデミー賞外国語映画賞カンヌ国際映画祭審査員賞も受賞した名作でもあります。

1989年公開のシリーズ第42作「男はつらいよ、ぼくの伯父さん」のタイトルはもちろんこの映画へのオマージュです。知らんけど(間違いない!)。

さてこの映画で印象的に残るのは、コメディとしての面白さと共に、当時のモダンなファッションや文化なのです(よれよれのコートを着て古びた自転車にのるユーロおじさんとは好対比で、ちょっとシニカルに描かれています)。これが今見ると凄くおしゃれで、この映画が今でも愛されている理由の一つだと思います。

特に印象的なのが、独り者のユーロおじさんにお見合いさせようと画策する、おじさんの弟夫婦の住むこのモダンな家です。劇中、この家でお見合いしてバタバタするユーロおじさんも見どころのひとつ。

で、上海で活動するがちょうのブログでいったい何の話なのだ、と思われるでしょう。

はい、春節休みに写写丸は蘇州河沿いの遊歩道を外灘に向かって走ったのですが、川の北側にある、以前から気になっていたモダンな家の前を通りかかって今回気付いたのです。

「ぼくの伯父さん」に出てきた家だ!!いやいや違いますが、こういうところで記憶が呼び起こされるんだなあ、と感じたすっかりおじさんになった写写丸なのでした。

因みに「ぼくの伯父さん」の原題は Mon Oncle(フランス語)というのですが、日本ではファンの人たちはこの映画の事を「モノンクル」って呼ぶんですよ。(ほんとは)知らんけど。

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内のコートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。ご関心のある方はご見学に来られては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp

1月22日、23日定期練習(春節練習)【+今週の、ボギー、いやジャック、俺にも一杯。】

春節になりました。上海の街は(賑やかな場所もあるのでしょうが)大多数の店も閉まり、道路を行き交う車や人も少なくなりました。中国の方は田舎に帰る人も含め、家族、親族で楽しく過ごされているのだと思います。

街角ではこういったデコレーションを見かけますね。

さて今年はちょうど除夜~春節が土、日曜日となり、がちょうは定期練習を行いましたよ。

まずは1月21日(土)の練習から。この日はレンハンコートでの練習となりました。

まずはミニテニスでアップ。この日は気温高めでした。

まずは本当に久しぶりの梅本さん。その目ヂカラは健在でした。

一時帰国されていた日野さんも久し振りです。

試合形式でも元気いっぱいでした。

こちらも一時帰国から戻られた岸本さん。

おっと、石畑さんもそうでした。隔離が無くなり今回の年末年始は一時帰国されていた方が増えましたね。忘れていましたが、コロナ以前はそうでした。。

原田さん。

伊波さん

松井さんに

牧野さん。

宮爺と来て。

はい、てる美さんです。

その後は試合形式に移行。コータ君のサーブから。

これは牧野さんのサーブ。

引き続き松井さんのサーブ。

そして石畑さんのサーブ、と四連発をお送りしました。

応援も暖かくのんびりと。

さっきのてる美さんのプレー良かったね、と。

伊波さんの時々鋭いリターン(この時は違いますね(笑))。

梅本さんの目ヂカラ(見えませんが)溢れるリターンで締めます。

背景が春節らしいですね🎍🎆

晦日の食事会。久々参加の梅本さんも絶好調でした。

そして1月22日(日)は春節です。もちろん日曜日ですからコーチによるレッスンを行いましたよ。特にG1参加メンバーは早練もやりました。

はい、猛練習ですよ(イメージ)。

充実した練習でした!

そして軽く新年会。高松さんが学生時代に十種競技に取り組んでいたとの秘話から、棒高跳びの魅力についてを披露。始めたころ頃は竹の棒だったと。。

テニス談義から、金橋のららぽーとにあるガンダム像の高さは幾らか?まで多様な話題が。

ガンダム担当である日野老板が早速調査、設定通りの実物大であり、18.03メートルだと翌日報告がありました。皆さんメモメモ。

コーチから、がちょうは良いサークルです、との力強い講評もありました。2023年もガンガンやりましょう!!

【今週の、ボギー、いやジャック、俺にも一杯。】

「この世の中には二種類のサケがある。ジャック・ダニエルか、そうで無いサケかだ。」と安いハードボイルド小説の主人公が言いそうなセリフですが。。

ジャック・ダニエルはバーボンウィスキーの代表的な銘柄の一つで、価格が手ごろな事もあり、愛飲されている方も多いと思います。(上海ではジム・ビームをよく見掛けますが)

お馴染みのこのボトルです。ジャック・ダニエル社はこれはバーボンでは無い、ラベルにも表示している様に「テネシー・ウィスキー」だと主張していますが、アメリカの定義上はバーボンウイスキーのひとつなのだそうです(ジャック・ダニエル社の主張するテネシー・ウィスキーとは、①テネシー州で製造していること、②原酒をサトウカエデの木炭でろ過している事ですが、ジャック・ダニエルには通常のバーボンウィスキーにこの特徴が加わっている(だけ)なのでバーボンのひとつなのだそうです。まあ、写写丸には味の違いが判りませんが。。)

さて何故この話題を取り上げたのかと言いますと、最近写写丸アメリカのハードボイルド小説の代表作と言われる、「大いなる眠り」を読んだのです。

『大いなる眠り』(The Big Sleep)は、アメリカの作家レイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説。1939年刊。私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とする長編シリーズの第1作目で マーロウの視点からの一人称で描かれる。ハードボイルド小説史上の古典として高く評価されている。(Wikipediaより)。

作中、主人公の私立探偵マーロウが酒を飲むシーンが頻発します。ライ・ウィスキー(バーボン・ウィスキーの仲間)と書かれている箇所もありますが、写写丸的にはバーボン・ウィスキーのイメージなのです。村上春樹のソリッドな翻訳と共にハードボイルド小説特有の文体を少しお楽しみください。

話は横道に逸れますが、この小説は1946年に「三つ数えろ」として映画化されており、これもハードボイルド映画の代表作となっています。主人公マーロウを演じるのはハンフリー・ボガート。男の中の男を代表する俳優です。

「ボギー、ボギー、あんたの時代は良かった!!」とウィスキーを噴き出すパフォーマンスが話題になった沢田研二カサブランカ・ダンディ」の歌詞にあるボギーとはハンフリー・ボガートの事です。そしてこの歌のタイトルはボガートの代表作のひとつ「カサブランカ」からの引用です。そう、男の中の男である彼にはウィスキーのイメージがあるのです。

という訳で、ちょっとバーボンウィスキーの事が頭に残っていた時でした。「輸入食品店で格安なウィスキーを見つけました」、との書き込みを見つけたのです。

おー、これはジャック・ダニエル!!。。。あれ、じゃ無いな。。

一見似せてますが、欲張りにも「12年物」との表記をしたり盛っています(あ、ジャック・ダニエルには年代表記はありませんよ)。因みに、青島のこの会社は2018年創業なのだそうです。でも12年物を、、トホホ。皆さんお気を付けくださいね。では今夜も、「君の瞳に乾杯!」(映画「カサブランカ」より)。

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内のコートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。ご関心のある方はご見学に来られては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp

 

1月14、15日定期練習【+今週の渡良瀬橋】

「君に、胸キュン!(キュン!)」。。今週も昭和風味いっぱいの書き出しですが、本当に残念でした。元イエロー・マジック・オーケストラのメンバーのひとり、高橋幸宏氏の訃報が届きました。70歳という事でした。

YMOの代表曲といえば「ライディーン」や「テクノポリス」なのでしょうが、写写丸はボーカル曲であるこの曲がお気に入りだったのです。

YELLOW MAGIC ORCHESTRA 『君に、胸キュン。』(HD Remaster・Short ver.) - YouTube

君に、胸キュン。 」は、1983年発売のイエロー・マジック・オーケストラ7枚目のシングルでシングル最大のヒット曲(オリコン2位)。高橋幸宏氏はジャケット写真の一番右側の髭の方です。中央の坂本龍一氏も体調不良で、昨年末にNHKで放映された収録ピアノライブが最後の演奏だとの寂しい話でした。一番不健康そうだった細野晴臣氏が一番元気なんですね。是非これからも頑張ってもらいたいです!!

さて1月14日(土)の定期練習ですが。

プレー中の写真がありませんが、毎度の通りこのような感じでした(はず(笑))。

練習後の記念写真をパチリ。

そして1月15日(日)の模様です。はい、日曜日なのでコーチによるレッスン日になります。

コーチによる的確な指導を受けるてる美さん。

その後、訪れた静寂。

指導を思い出し、軽く打ち返すてる美さん。

からの!!

このようなハッスルプレーも飛び出しまして。

静かに眺める時松さん。思うところがあり、

ラケットを無心に振ります。それを優しく見守るメンバーの姿💓

激しく、穏やかな練習でした。

【今週の渡良瀬橋

渡良瀬橋」と言えば1992年のヒット曲「私がオバさんになっても」に引き続き、翌1993年に発売された森高千里の曲です。当時、写写丸森高千里はちょっと色物のアイドルだな、という感じで見ていました。

写写丸にとっての森高千里のイメージはこの姿でした。それにしても凄いアルバムタイトルとビジュアルです。確かに画期的でした。

そんな当時の写写丸の彼女に対するイメージを覆したのが「渡良瀬橋」なのでした。歌そのものはゆっくりしたフォーク調の歌で(写写丸は聴くたびに何故か山本コータローの「岬めぐり」を思い出します。曲の展開が似ているのだと思います)、曲そのものは響かなかったのですが、テレビでこの曲のドラムを本人が叩いているシーンを見てはっとしました。何とも言えない落ち着いた感じのドラムで、彼女の人柄を映しているような感じだったのです。

渡良瀬橋」のシングルCD。若い君たちは知らないと思うけど、昔は8cmのシングルCDがあり、ジャケットはこの通り縦長でした。顔のイメージが違う。。

森高千里 『渡良瀬橋』 (PV) - YouTube

さて今回何故この曲を取り上げたのかと言いますと、一時帰国中に降り立った(何かドラマチックな書き方(笑))JR足利駅のすぐ前が渡良瀬川で、そこに掛かる橋が渡良瀬橋だという説明が駅の構内にあったのです。写写丸は「渡良瀬橋」は東京の下町にかかる小さな橋だと漠然と勝手に思い込んでいたのですが。。。

大きな鉄橋でした。

歩道があるので写写丸も勿論歩いてみました。普通かな。。

歌詞に登場する渡良瀬橋の河原。広いです。

彼女は1969年生まれ(という事は写写丸のわずか4歳年下。。。)。これは昨年足利市からスタートした全国ツアーの時の写真。凄い事です!!がちょう壮年部も頑張らねばなりませんね!!

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内のコートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。ご関心のある方はご見学に来られては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp


1月7日;GRID1予選、定期練習&新年会、1月8日定期練習

毎年定期的に開催されてきたGRID1、GRID2の試合ですが、昨年はコロナに翻弄され、中止を余儀なくされました。事務局の方々の働きで、1月7日になりようやくGRID1(略称G1)の予選が変則的ではありますが開催される事になり、がちょうG1メンバーが繰り出しました。

コートに入場。緊張のひと時です。

冷静に冷静に。

そしてドーン、とやりました。

時松さんの落ち着いたサーブ。

そして畑中さんとのナイスコンビネーション。

こちらは大藤さんとジミーペア。

みんな仲良し。

そしてこの笑顔です。

昼食中にも笑顔がこぼれます。

はい、この通り快勝しました!!

おっと見慣れぬ少年の姿が。。誰でしょうか?

たまたま大会が開催されたコートに練習に来ていた、強化選手として中国中を回っている少年です。この後は海南島へ移動すると。頑張って欲しくなりますね!!

そしてその後は定期練習へ!!

今日はレンハンの屋外コートですー。

ここは環境が良いですね。

まずは深野会長から。

そして若手代表の足立君。

かつて髭の牧野さんと呼ばれた男。

そしてかつては髭の無い牧野さんと呼ばれた男。えーい、面倒くさい!!あ、テニスは二人共にとても上手です💛

村山さん。

コータ君

原田さんに

今日のてる美さん。

午前中に開催されたG1予選を戦った時松さんは余裕の表情です。

本日入会その1;五十嵐さん。

本日入会その2;畑中ともちゃん。午前のG1予選で大活躍のカレー🍛なる畑中さんは今後けんちゃんと呼ぶ事に。

試合もやりまして。

筋トレ、じゃあ無いですよね。。。

そろそろ練習後の新年会が気になり出しましたね🍻

新年会に突入です。

本日入会のお二人の自己紹介です。

ぐっと盛り上がって参りました!!

今年もガーガーと賑やかしくやっていきましょう!!

そして1月8日(日)は定期練習。日曜日なのでコーチによるレッスン日になります。

今回は若手エースの足立君から。

伊波さん。

村山さん

時松さん

畑中ともちゃんに。

最後はてる美さん。

激しい練習の後は。

豚骨拉麺🍜で締めました。

【今年は勝つ!!】

元旦はうちの近くの神社に初詣に行った写写丸ですが、大阪北摂地区でちょっと有名なお寺があり、そちらにもお参りしてきました。そのお寺とは箕面市にある「勝尾寺かつおうじ)」というお寺で、その名の通りあらゆる事に勝つ、という霊験あらたかな有難いお寺なのです。

絶好のお天気でした。

勝尾寺です。

伊豆シャボテン公園以来の猿回しを見ました(シャボテン公園のは猿回しとは言わないかな。。でも素晴らしいパフォーマンスですよ🐵!!)

で、勝尾寺と言えばだるまなのです!

おみくじも、だるまのお尻に刺さっています(笑)

そして境内の至る所にだるまを並べて帰るのがお約束なのです。今年はあれこれと勝ちますよ!!がちょうも勝ちましょう!!

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内のコートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。ご関心のある方はご見学に来られては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp

1月1日定期練習!!

2023年明けましておめでとうございます。昨年はコロナに振り回された一年でしたが、今年はがちょうのV字回復にご期待下さい。という事で、久し振りに練習再開出来たのが2023年の1月1日とは何か縁起が良い気がします!!

しかも福原コーチのレッスンでの打ち初めとなりました💓

早速レッスンのスタート。

初打ちだからゆっくりと。。。

なんて事はまったくありません!!(キッパリ!!)

宮爺へも容赦はありません。

村松さん。

野田さん。

伊波さんに。

てる美さん。

時松さんも皆、コロナの後遺症とは無縁ですね!

写写丸も大好きな、ふんわりボレーでタッチコントロールの練習。はい、見本です。

さあ皆でやりましょうー

おっと頭脳を使うレッスンも。

並べられたボールには重要な意味が。。。

あるのかは誰も知らない。。

今年初めての打ち上げ食事会の写真は撮り忘れましたが、穏やかな新年となりました。

【2023年元旦の初詣】

写写丸は3年振りに年末年始に一時帰国し、本当に久しぶりに日本で新年を迎える事が出来ました。永らく新年に一時帰国されていないがちょうメンバーもおられますので、ちょっと日本の初詣のスナップ写真をお届けします。

写写丸宝塚市の家の近くにある伊和志津(いわしず)神社という小さな神社にお参りしました。

この小さな神社にこんなに大勢の人がお参りしているのを初めて見ました。

10分くらい列に並びまして

ようやく参拝。コロナ対策で鈴と綱(どういうのかな?)は取り外されています。

絵馬が並んでいますが、この神社にはちょっとした特徴があります。

お気づきになった方もおられるかもしれませんが、このブラックジャックの絵柄付きの絵馬です。

地元宝塚市出身の最も有名な人である手塚治虫さんは漫画家ですが、医師免許を持っていて、名作「ブラックジャック」を描いたのです。その縁からか、このような絵馬があるのです。ご家族・ご親族・知人で医学を目指す方がおられましたら一度お参りされては如何でしょうか。あ、テニスが上手になる神社がありましたら写写丸までお知らせください👐

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内のコートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。ご関心のある方はご見学に来られては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp

12月24,25日。。

中国中にコロナ感染が大爆発し、上海も今週が(第一弾?)ピークとなり、がちょうの活動は行えませんでした。

頑張れー!と気合いを入れましたが。。

一週間程度で回復するはずなのですが残念ながら、写写丸ウィルスは長引いてしまいました。。

クリぼっち(死語かしら・・)😢でした。

皆さん、来週は大復活を目指しましょう!!

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内のコートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。ご関心のある方はご見学に来られては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp