上海 がちょうテニスサークルの日記

上海の日本人テニスサークルの活動と、上海での日常生活をお伝えするブログです。

10月29日定期練習、30日サークル合同練習試合【+今週のあの糞の飲み物。。。】

あっという間に今年も残るところ2か月となりました。上海に住まれている方にとってはイヤハヤな一年になりましたが、写写丸もあと2か月で取り返しますよー!!何をどうやって取り返すかはこれから考えますが。。

その通りです!!

ではまずは10月29日(土)の練習の模様から。

今日の練習担当は時松さん。

試合で決まるのはビッグショットでは無く、手先のタッチで入れる球だったりするのです、と一対一でミニ対決の練習を。

こんな感じです。写写丸が決めそうな感じですが、実際はどうだったかしら。。

日野さん対コータ君の熱戦をご覧ください!

その後は試合形式を中心にやりました。

最近腕前が急上昇と評判の石畑さん。

軽く球をさばく原田さん。

文字通り飛び跳ねる元気さです。日野さん。

今日の打ち上げのスポンサーである八幡さん🍻

安定の松本さん。

そこに若さのコータ君が組むと。

はいこの通り💓

写写丸も頑張ったんですが。。

落ち着いた球さばきの時松さん。

足の怪我が治りひと月振りに復帰の岸本さん。

同じく若手の足立君と。

若々しいペアで躍動。

でもこれは?

判りません。。

最後はお待たせ「今日のてる美さん」で。

ではまた明日!!

の前に、八幡さんプレゼンツの打ち上げが!!新時代を開いた打ち上げだったとの感想を耳にしましたが、いったいぜんたいどんな打ち上げになっていたのかしら。。。

そして10月30日(日)は、がちょう、PFC、なべなべ会、Eclubの4サークルによる合同練習試合を行いました。

各サークルから精鋭8名が参加しました。

熱い気持ちを心に秘めて開始しました。

どかーんと行きます。

はい、この通り、伊波さんもやりますよ!

(いつの間にか髭が消滅した)牧野さんナイス!!

てる美さんも大活躍。

がちょうでは無く、虎だ、虎になるのだ!!この目つきをご覧ください。

それに対し、髭が無くなった牧野さんの余裕の表情は。。

虎では無い様な。。

いや、虎でした!!

ペアを組むコータ君もこの勢いですよ!

そしてぶちかましました!!

試合終了。やり切りましたよ。

そして場所を替え、合同の打ち上げを盛大に開始!

このように

試合以上にエキサイト!

遂には真っ白な灰になった松本さんの姿も。。

自分たちの解決すべき課題も判り、またサークル間の懇親も深められました。今後とも同様の企画を継続したいですね!

【+今週のあの糞の飲み物】

話は変わりまして。。。上品をモットーとするがちょうブログらしからぬ今回のテーマですが。。さっさと書きますと、ジャコウネコの糞から取り出したコーヒーが凄く高価で凄く美味しい事を皆さんご存じだと思います。

ジャコウネコとは、アジアやアフリカの熱帯林に生息している60cmくらいの動物。ネコと名が付いていますが、イタチやタヌキのような見た目をしています。最近、日本で農作物への被害が話題になるハクビシンもジャコウネコの仲間との事です。

調べると、ジャコウネコの糞コーヒー(普通は「糞」という言葉を使わないみたいですが。。)はインドネシア産との事なのですが、そこにはインドネシアの歴史が関係しているのだと。

曰く、インドネシアにあるコーヒーの木は自生ではなく、17世紀初頭にオランダから植民地施策として持ち込まれたもので、当時インドネシアの住民は、コーヒーの実を採って飲むことを禁止されていました。その為コーヒーを飲みたい住民はジャコウネコの糞から未消化のコーヒーの生豆を(こっそりと?)採取し、コーヒーを淹れたのだとか。そしてその生豆(腸内細菌で熟成されるのだそう)は1匹のジャコウネコから1日に3g程度しか採取できず、美味しい事から超高級品になっていると。由来が本当なのかは判りませんが、高価な事は間違いないですね。

気になってさらに調べると、食べログにこのコーヒーを出す新宿の喫茶店の記事がありました。一杯3,500円ですが価値ある一杯だとの事です。

何故かメニューには「ジャコウネココーヒー」とは一切書いていません(笑)『1杯3500円、コピルアック、究極の「本物のウンコのコーヒー」は超絶美味。』by bhappy : 但馬屋珈琲店 本店 (タジマヤコーヒーテン) - 新宿西口/喫茶店 [食べログ]

写写丸はコーヒーマニアではありませんが、これは昔から気になる存在だったのです。

で、何故今回このコーヒーの事を書いたのかと言いますと。先日事務所の給湯室で見つけたのです。。

じゃじゃーん。「鴨の糞の香り」。。。

「鵝(がちょう)」ではなく、「鴨(かも)」なのは残念ですが、これはコーヒーではありませんが、「鴨の屎(糞)の香り」という名のお茶です~🍵

もちろん早速頂きます。

美味しい!説明を見ると普通に烏龍茶でした。缶の側面には「西に猫の糞のコーヒーがあり、東にはこのお茶がある」といった説明も💓 名前の由縁は判りませんでしたが、糞とは関係は無いみたいでした。でもちょっと面白いですね(笑)

がちょうテニスサークルは上海、虹橋地区、天山路水城路の仁恒河浜花園というマンションの敷地内のコートで土日に練習をしている十数名のこじんまりとしたテニスサークルです。 
ご関心のある方はご見学に来られては如何でしょうか?
メールアドレス;gacho_shanghai@yahoo.co.jp